社員インタビュー

自由な発想で開発できる環境。

携わっている仕事内容について教えてください

  パウダー製品の研究開発を行っています。業務の方向としては2種類あり、クライアント様よりアイデアを頂いた商品開発を行うパターンと自社で考案した製品をプレゼンテーションしそれをご採用いただくパターンです。

研究を行う商材としてはファンデーション、アイカラー、チーク、フェースパウダーです。また、管理業務としてグループのマネージメント業務やプレゼンテーション、スケールアップ管理、なども行っています。

化粧品研究所 FD研究所 パウダーグループ グループリーダー/吉岡 大
化粧品研究所 FD研究所 パウダーグループ
グループリーダー/吉岡 大

入社を決めた理由と会社の魅力を教えてください。

  入社のきっかけは大学の教授からの紹介でした。それまではOEMという業種があることすら知らない状態でしたが、大手化粧品メーカーの商材の多くをOEMが開発、製造しているということを知り、興味をもち入社しました。

魅力はなんといっても自らが開発したものが、デパートやドラッグストアで並んでいるのを目の当たりにするとやりがいを感じます。OEMですので名前が出ることは少ないですが、緑の下の力持ちというのがぴったりな業種だと思います。また、自由な発想で開発が出来るの魅力だと感じています。

これから入社を希望される方へメッセージをお願いします。

  前の質問で自由な発想が出来るといいましたが、逆に言うと自由な発想を持っていないと開発できないということがいえます。化粧品のカテゴリーの中でいかに今まで出来なかったものを作るか、そういった創意工夫に興味がある人材、少々のことではくじけないパワーのある方と一緒に仕事がしたいです。

何でも相談でき、助け合える良い仲間、良い職場を相互のコミュニケーションを深めることで作っていく。そんな考え方で他社に負けない競争力のある化粧品を一緒につくっていきましょう。

化粧品研究所 FD研究所 パウダーグループ 研究員/神屋里枝
化粧品研究所 FD研究所 パウダーグループ
研究員/神屋 里枝

携わっている仕事内容について教えてください

  私達の仕事は、お客様の製品化したい商品のイメージやニーズに沿う様処方を開発し、製品化を目指すことです

具体的には、商品のイメージを具現化するために処方をどのように設計するかをお客様と思案し、その意向にそうようサンプルを試作、評価、商品の原案を決定することです。

製品化する際には、研究所では800gほどの量で開発・設計・テストを行っているのですが、それが実際に製造を行う工場になると100キロほどのスケールになり、使用する機械も異なるため目指す商品と違うものができてしまうケースがあります。

その為、製造部門と相談し、製品を製造できるような環境をつくるのも私の仕事の一つです。

入社を決めた理由と会社の魅力を教えてください。

  私は、化粧品は外見的にもメンタル的にも人を幸せにできる製品だと思っています。
その化粧品に関わることは、かなり抽象的ですが『人の役に立つ仕事がしたい』という思いが念頭に、医薬品・化粧品を中心に就職活動をした私にとっては、大いに魅力的でした。

そんな化粧品業界の中でも、当社のような会社を選んだ理由は、自社ブランドを持たず技術や提案する業種なら、いろんなメーカーの化粧品に触れられるため、幅広い知識や技術を学べるといったところでした。

また、当社内には様々なグループがあるため、たくさんの知識を共有でき、学べるというところでもかなりの魅力です。

これから入社を希望される方へメッセージをお願いします。

  開発という仕事は何度も何度も繰り返し挑戦するという根気が要る仕事です。ですが、ひとたび商品化が決定し、自分がかかわった商品が店頭で並んでいるのをみると、疲れも吹き飛ぶくらいの喜びに変わります。そんな喜びを一緒に共感し、仕事ができればと思います。

他のインタビューを読む